Books

『未来への羅針盤』

中央公論新社 刊

いつの時代も人々を確かな未来へと導く普遍的な“真理”を、20の法則として凝縮。それぞれの法則は、具体的なエピソードや先人の言葉を交えわかりやすく解説されています。
中学生から大人まで楽しめる“人生の歩き方”ガイドブック。

Pick Up

Blog

  •  今日6月30日は「夏越(なご)しの大祓(おおはらえ)」。 全国各地の神社では、厄払いとなる「茅の輪くぐり」の神事が執り行われ、これまでの半年の穢れを落とし、残り半年間の無病息災を祈願します。 そんな特別な日にいただくのが、京都の伝統菓子「水無月(みなづき)」。  白いういろうの上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、三角は四角を半分に ...
  •  今日、6月16日は「和菓子の日」。 和菓子の「虎屋」では、江戸時代末期に宮中に納めていた「嘉祥菓子」を再現し、古式ゆかしい土器(かわらけ)に盛って、毎年この日数量限定で販売しています。冒頭画像中央に見える薄紅色の『豊岡の里』から右回りに、『源氏籬(ませ)』、『桔梗餅』、『伊賀餅』、『味噌松風』、その下に隠れている胡麻をまぶした求肥が『浅路飴』、一番上が『武蔵野』です。 &nb ...
  • 梅雨の走り
     梅雨の走りのような空模様が続くなぁと思っていたら、いつの間にやら暦は水無月。 すっかりステイホームが身について引き篭りがちな日々に、季節感という彩りを与えてくれる赤坂・虎屋さんも6月1日から再開したので、梅雨時ならではの涼やかで瑞々しい和菓子をご紹介します。 まず冒頭のお菓子の銘は「紫陽花」。 雨露にぬれて輝くその姿を、白と紫のそぼろで表した紫陽花に、透明 ...
  •  こんにちは、時晴(ときはる)です❣️ コロナショックで色々と大変ですけど、お元気ですか? ステイホームが続いてますが、ボクはいつも通りお散歩もできてるし、パパやママに出張で置いて行かれることもないし、何よりパパがおウチにいてくれる時間が長くなって、ちょっと嬉しいかな。 でもその分、ママはリモートだとかメールだとかで、ずっとおウチで仕事していて、全然ボクともお外に出なくなって、それは悲し ...
  •  コロナ危機により、甲子園やインターハイなど様々な大会やイベントが中止となっている今年、創立135周年を迎える作新学院では学院史上初となる「オンライン作新祭」を開催することとしました。 毎年数千人規模の来場者を迎え9月上旬に行われる作新祭ですが、東京ドーム5つ分のキャンパスで相当数の出店や展示、イベントが行われているため、たった二日間で観られる箇所は限られており、正直随分もった ...

Favorite