Books

『未来への羅針盤』

中央公論新社 刊

いつの時代も人々を確かな未来へと導く普遍的な“真理”を、20の法則として凝縮。それぞれの法則は、具体的なエピソードや先人の言葉を交えわかりやすく解説されています。
中学生から大人まで楽しめる“人生の歩き方”ガイドブック。

Pick Up

Blog

  • 行雲惜夏
     残暑は依然厳しいものの、ふと空を見上げると、秋の気配を纏った雲が夏の終わりを物語り、季節の確かな移ろいを感じます。 8月下旬は、毎年ドラマティックな雲が現れ、切(せつ)ない夏のフィナーレを飾ってくれるものですが、「龍雲」が出現するのも大抵この時期。   画像の龍雲は4年前のちょうど今時分、中禅寺湖畔で撮影したものです。 実はこの数日前、作新学院は54年ぶりに甲子園で悲願の全国 ...
  •  <各設置校での「オンライン授業」への取り組み> 令和二年度の新学期を迎えても一斉休校が続く中、作新学院では「何があっても学びは止めない!」というただその一心で、手探り状態の中、オンライン授業をスタートさせました。 連日、まるで障害レースのように次々と出現する諸問題と格闘しながらも、全教職員がとにかく走り続け、悩み続け、乗り越え続けました。 実は2月の新型コ ...
  •  コロナに酷暑が重なり、様々なことがいつも通りには行かない今年の夏。 しかし歴史を振り返れば、制約や危機があるからこそ万物は、それを乗り越えるためイノベーションを起こし、進化を遂げて来ました。 「教育」も、然(しか)り。 何事もいつも通りには行かない今こそ、何かと保守的で前例主義に捉われがちな教育現場が、大きく進化&深化できる最大のチャンスだと、私は ...
  •  疫病鎮静を祈願しての「祈りの記憶」、締めくくりは碓氷峠頂上に佇む 「熊野皇大神社」です。以前、この神社にある御神木の写真を見た瞬間、心の隅々まで光が降り注いで沁みわたり、魂が浄化されて行く特別な感慨を覚えたので、清め払いの必要な今こそ参詣すべきと思い立ちました。  実はこの神社お社の中央で、長野県と群馬県に分かれています。単に県境に位置しているというだけでなく、宗教法人としても二つに分かれていて ...
  •  伊豆山神社に続いて「疫病鎮静祈願」に訪れたのは、2400年以上の歴史を持つと伝えられる伊豆「伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)神社」、通称「白濱神社」。この神社は下田市に位置する白浜海岸の丘陵「火達山(ひたちやま/ひたつやま)」に鎮座していますが、火達山は伊豆諸島を祀る古代遺跡で、その祭祀が現在まで伊古奈比咩命神社の祭礼として続いているため、そんなにも長い歴史を刻んでいるというわけです ...

Favorite