Books

『未来への羅針盤』

中央公論新社 刊

いつの時代も人々を確かな未来へと導く普遍的な“真理”を、20の法則として凝縮。それぞれの法則は、具体的なエピソードや先人の言葉を交えわかりやすく解説されています。
中学生から大人まで楽しめる“人生の歩き方”ガイドブック。

Pick Up

Blog

  • (※)  長年憧れていた名作「ミス・ブランチ」に、国立近代美術館で現在開催中の「TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション」で遂に対面!    バラの造花を封入したアクリル製の背、座、アームからなるこの椅子は、鮮やかなパープルに染色されたアルミアルマイトの細い脚部に支えられている。 私が撮影した画像ではちょっとずん ...
  •   江戸の寛政年間から200年以上続く鰻の老舗「野田岩」。その五代目主人である金本兼次郎氏は御年96歳の今も現役で厨房に立つ。    この日も開店少し前に到着した私を、鯔背(いなせ)な後ろ姿でさり気なく迎えて下さった。    飛騨の古民家を移築した店内は品格と温もりのバランスが絶妙で、しっとりと居心 ...
  •   竹久夢二 生誕140年を記念して「東京都庭園美術館」で開催されている展覧会と、パレスホテルのペストリーショップがコラボレーションしたショコラ「千代ちょこ-竹久夢二」。 グラフィックデザイナーの先駆けでもあった竹久夢二によるデザイン画がプリントされた6種6枚入り。各デザインからイメージされた6枚は、それぞれ異なるフレーバーとなっていて、カカオ含有量も違っているとの ...
  •  作新学院の幼小中高校の園児・児童・生徒たちが、能登復興への思いを綴った314枚の七夕短冊が、地震発生から半年となる7月1日、「のと鉄道」穴水駅のホームに飾られました🎋    「ずっと忘れません。能登の皆様に一日も早く日常が戻って来ますように」「能登の方々の輝かしい笑顔や伝統が、一日も早く戻ることを願っています」「能登の笑顔を願ってます。パワー💪 ...
  •   大阪・中之島に佇むダイビル本館は、設計・監理は渡辺節、製図主任は村野藤吾、構造設計は内藤多仲という、日本の近代建築史に名を残す建築家たちによって設計され1925年に竣工した名ビルディング。残念ながら建て替えられてしまったが、2013年竣工の新生ダイビル本館にも、オリエント風を加味したネオロマネスク様式のファサードは、しっかりと遺されている。    重厚感あふれるスクラッチドタイルのレンガは、そ ...

Favorite