理事
キャスター
議員
学術博士

作新学院理事長として

ロンドン五輪競泳メダリスト萩野公介選手(当時 英進部3年)と畑恵(2012.9.3撮影)
ロンドン五輪競泳メダリスト
萩野公介選手(当時 英進部3年)と
(2012.9.3撮影)
作新学院は明治18年(1885年)に創立され、現在、
幼稚園、小学部、中等部、高等学校、女子短期大学、大学、大学院を設置し、園児・児童・生徒・学生約6500名を擁する総合学園で、子どもたち一人ひとりの個性や能力を最大限に引き出すため、多様性を大切にする教育を行っています。
「作新」という学院名は、中国の古典『大学』の一節「日々新たにして、又日に新たなり。新しき民を作せ」の「作新民」に由来し、日々変化する世の中を切り拓いて行く人材を輩出するという、建学の精神を表しています。
自らの頭で考え、自らの心で感じ、自らの意志に基づいて行動する人材を育むこと、それを使命として日々活動を続けています。


作新学院とは

教育方針

「一校一家」 学校全体がひとつの家族であるように、互いの事を我が事のように思い合い、助け合う
「自学自習」 何を為すために、何を学ぶべきか、常に自らの頭で考え判断し、
能動的・主体的な姿勢で学習に取り組む
「誠実勤労」 真面目に真心をこめて、一つ一つの学習や課外活動などすべての行動に全力で取り組む 

文武両道

文(学習)
東大・京大をはじめとする国公立大学や難関私立大学へ、私学では県内最多、県立トップ校に次ぐ合格者を輩出。
平成23年度から、SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)の指定校として、国内外の高校・大学と共同し研究活動を実施。

武(スポーツ)
近年は、ロンドンオリンピック競泳男子銅メダリスト・萩野公介選手をはじめ、3期連続で甲子園出場を果たしベスト4に輝いた硬式野球部など、毎年25団体近くの部活動が全国大会に進出。1962年に甲子園史上初の春夏連覇を成し遂げて以来、国内外で活躍するアスリートたちを数多く輩出。
甲子園2013

作新力プロジェクト

 作新で育まれた一人ひとりの「人間力」を結集して、世の中を変革し未来を切り拓いて行こうというプロジェクト。約6500名の子どもたちとその保護者の皆さん、約400名の教職員、15万人に及ぶ同窓生、地域の皆さん方と心を一つにして、私たちが暮らす社会や環境が少しでも良い方向に動くことを目指し展開中。
「作新エコ・プロジェクト」
  • チーム・テレサ
  • チーム・ガリレオ
  • チーム・コロンブス
「ドリーム・キャンパス・プロジェクト」
「オール作新」による東日本大震災支援活動
作新学院について詳しくはコチラ



ニュースキャスターとして

主な担当番組
NHK「夜7時のニュース」(土・日) 19:00~
テレビ朝日系列「サンデー・プロジェクト」(日) 10:00~
NHK「金曜お天気博士」スタジオでキャスターの倉嶋厚先生と畑恵
NHK「金曜お天気博士」スタジオ
キャスターの倉嶋 厚先生と
NHK
84.8~
85.3
NHKガイド(月〜日) 19:27~19:30
84.4~
86.7
にっぽん列島朝いちばん(月〜木) 6:15~6:43
86.10~
89.3
関東ローカルニュース(土・日) 18:45~18:53
86.12~
88.4
金曜お天気博士(金) 18:00~18:30
86.11~
89.6
おはようジャーナル 8:30~9:28

’90.1.30号「AERA」と’90.9月号「ミセス」表紙を飾る畑恵
TV朝日
89.10~
90.6
ザ・スクープ(土) 18:00~18:53
90.10~
92.9
5:30ステーション(土・日) 17:30~18:00

雑誌連載記録
89.10~
90.12
キャスター24時 週間読売
90.5~
90.12
畑恵の90’sキーマン探検 DIME
92.1~
92.12
ニュースin Kei’s eyes ラ・セーヌ



参議院議員として(平成7年〜13年)

参議院議員として質問する畑恵
行財政改革・税制等特別委員会で答弁する畑恵と、M.サッチャー元英国首相と畑恵
略 歴
平成 9年7月~平成10年1月 科学技術特別委員会 理事
平成10年1月~平成13年7月 経済産業委員会 理事
平成12年5月~平成13年1月 国際問題に関する調査会 理事
平成7年8月~
平成7年10月
労働委員会 委員
平成7年9月~
平成8年9月
環境特別委員会 委員
平成7年10月~
平成8年9月
外務委員会 委員
平成8年9月~
平成10年1月
逓信委員会 委員
平成10年1月~
平成10年8月
議院運営委員会 委員
平成10年8月~
平成12年9月
行財政改革・税制等に関する特別委員会 委員
平成11年10月~
平成12年2月
予算委員会 委員
平成11年4月~
平成11年10月
日米防衛協力のための指針に関する
特別委員会
委員
平成12年9月~
平成13年7月
行政監視委員会 委員
平成12年9月~
平成13年7月
金融問題及び経済活性化に関する特別委員会 委員
平成13年1月~
平成13年7月
国際問題に関する調査会 委員



学術博士として


<博士学位論文>
『日本の科学技術政策における戦略的資源分配システム構築に向けた検証と考察』

お茶の水女子大学より博士号を授与

6年間にわたる国会活動での、ITやバイオ政策に関する調査研究成果が評価され、平成13年、お茶の水女子大学大学院の博士課程に入学が認められました。 仕事との両立をはかりながら研究活動を続けた結果を、博士論文
『日本の科学技術政策における戦略的資源分配システム構築に向けた検証と考察』ー「科学技術基本計画」を主たる研究対象としてー
にまとめ、お茶の水女子大学より平成20年3月に博士号(PhD in Science Policy)を取得しました。

論文紹介

博士論文の全文は220ページにおよぶため、HP上ではとりあえず、「論文要旨・目次」「論文発表用スライド」を掲載します。 さらに詳細な内容をお知りになりたい方は、お手数ですがメールでご連絡を下さるようお願いします。

keiTV
keiTV畑恵からのごあいさつ
Books
Topics
ギャラリー

We remember 2011.3.11
畑恵「東日本大震災に学ぶ日本再生ビジョン」width=